ロゴ
HOME>オススメ情報>矯正方法によっては抜歯が必要なケースもある【専門医に相談】

矯正方法によっては抜歯が必要なケースもある【専門医に相談】

歯科治療

矯正方法の種類

ガタガタの歯並びを美しくするためには、専門の歯科医による矯正を受ける必要があります。その矯正方法は1種類だけではなく、複数用意されているので、ある程度は調べた上で専門医がいるクリニックに訪れましょう。まず、もっとも有名なワイヤーを利用する矯正方法には、歯の表側と裏側につけるタイプがあります。目立たせないために上の歯だけ裏側にして、下側は表側に付ける方法もあるため、外見や料金を考えて選びましょう。そして、現在注目を集めているのが、目立たない上に痛みも少ないマウスピースを使った矯正です。自身で簡単に着脱が可能なので、歯を磨きやすいため、口内の衛生環境を保ちやすいといえます。なお、どのような方法を選定しても、歯の移動だけではなく、抜歯が必要な可能性があるのを知っておきましょう。

婦人

患者の状態次第で抜歯の可能性もある

歯を抜くことを推奨する歯医者はいませんので、矯正歯科でも抜歯をしたくはないと考えています。しかし、実際問題として抜歯をしなければ、せっかく受けた矯正が失敗するケースがあるのが大きな問題です。抜歯の必要性は歯医者が判断してくれるので、まずは現在の歯並びを見せて、問題点を洗い出してもらいましょう。もしかすると、ガタガタの歯並びだとしても、そのまま矯正を開始できる可能性があるため、悩んでいるなら医者に見せに行ったほうが早いです。もしも、抜歯が必要だと判断されたなら、『どうして必要なのか』を分かりやすく説明してもらえます。もちろん、歯を抜いて隙間ができたとしても、矯正によってしっかりと塞がるため、普段の生活の質が落ちることはありません。