ロゴ
HOME>レビュー>歯のホワイトニング治療のタイミング【経験者の声】

歯のホワイトニング治療のタイミング【経験者の声】

口元

タバコを吸う人や、コーヒーなどが好きな人は歯の色の白さが失われやすいです。歯科では、ホワイトニングをしています。歯の色を白くしたい人が受ける治療になるので、どんな効果があるのか、治療に関する情報を集めていきましょう。

この話題の口コミ

歯の黄ばみが気になったのでお願いしました【40代/男性】

タバコを吸うようになって20年以上経った頃、ふと鏡を見た時に歯の黄ばみが気になり、治すために名古屋の歯科医院に行くことにしました。先生の話によると、ホワイトニング治療を受ければ、ある程度の歯の色の白さを取り戻すことができるとのことです。一通り治療の注意事項聞いた上で承諾し、ホワイトニングを受けて歯の黄ばみを改善させることにしました。今まで歯石を取ったりしたことすらなかったので、相当汚れも溜まっていたようで、治療の時間は思ったよりも掛かりました。ホワイトニングをした後はしばらくタバコを吸えなかったので辛かったですが、歯が透き通った白さになって良かったです。黄ばみが酷くなってからだと大変なので、なるべく早い段階でホワイトニングを受けた方が良いかもしれませんね。

定期的にホワイトニングを依頼してます【30代/女性】

以前虫歯の治療をするために名古屋市の歯医者に行った時、担当してくれた女性スタッフさんからホワイトニングを勧めれました。今まで煙草を吸ったことすら無かったので、そこまで白さを気にしませんでしたが、変色が酷くなっていたようです。それから適度な頻度でホワイトニングに通うようになり、最近は鏡で歯をチェックするのが日課になっています。定期的に治療を受けていれば、歯の健康も維持していくことができますし、周囲の目を気にする必要もありません。その度にお金が掛かりますが、1回のホワイトニングはそこまで高いわけではないので、大きな負担にはなっていません。ちょっとしたきっかけではありましたが、ホワイトニングという治療のことを知ることができて良かったです。